肝斑が自然に消えることはあるのか?

肝斑が自然に消えた!簡単な方法とは?

肝斑は、妊娠中や産後のホルモンバランスの変化が原因でできてしまうことが多いです。
日頃からストレスを感じている人も、肝斑ができてしまうようです。

 

肝斑

 

どちらにしてもホルモンバランスの乱れが関係しているので、一時的なものであれば、ホルモンバランスが整うことで肝斑が自然に消えてしまうことが多いです。

 

しかし、なかなか肝斑が消えない人は、60歳頃まで長引いてしまうこともあります。
若い頃にできた肝斑が60歳まで消えないのは、とても辛いですよね。

 

早めに肝斑を治したい場合には、簡単に実践できる方法で自然に肝斑を治していきましょう。

 

 

肝斑を自然に消すためには、毎日の生活で気を付けたいことがあります。

 

まずは、肌に摩擦を与えないことです。
肝斑はとても刺激に弱いので、スキンケアやメイクを行うときの摩擦でダメージを受けてしまうことがあります。

 

頻繁に摩擦を受けていると肝斑がなかなか治らず、いつまでも悩み続けることになってしまいます。
洗顔・スキンケア・メイクなどを行うときには、指の腹を使ってできるだけ優しい力で行うように意識しましょう。
摩擦を与えないように気を付けるだけでも、肝斑を自然に薄くしていくことができます。

 

日焼け止めをたっぷり塗って外出することも、肝斑を自然に治す方法のひとつです。

 

肝斑が紫外線を浴びると、茶色く変色していきます。
肝斑がどんどん濃くなって目立ってしまうので、紫外線対策はしっかりと行いましょう。

 

いつもは1度だけ日焼け止めを塗って出掛けている人も、肝斑ができている部分には2度塗りして、紫外線をとことん防ぐことをおすすめします。

 

また、日焼け止めは時間が経つと汗や皮脂で流れ落ちてしまうため、2〜3時間おきに塗りなおすようにしましょう。
日差しが強い日には日傘を使用するなど、少しずつ努力を重ねていくことが大切です。

 

 

最後に、スキンケアをするときには保湿に重点を置くようにしましょう。
保湿ケアをしっかりと行うことで、肌細胞が活性化されて新しい皮膚へと生まれ変わっていきます。

 

乾燥肌では肝斑以外にも肌トラブルを引き起こしてしまう可能性が高いので、保湿力の高い化粧品で潤いを保つようにしましょう。
保湿のために何種類も化粧品を使っている人は多いと思いますが、肝斑ができているときにはシンプルなスキンケアをおすすめします。

 

肝斑に刺激を与えないように、シンプルで肌に優しいスキンケアを心掛けていきましょう。

 

これらの方法を続けることで、早い人は2週間ほどで肝斑が薄くなっています。

 

 

ホルモンバランスに注目

 

肝斑は、ホルモンバランスが原因で発症してしまうことが多いと言われています。

 

妊娠・出産を経験して肝斑を発症する人が多いですし、ホルモンバランスが崩れ始める更年期に発症する人もとても多いです。

 

また、ピルを飲んだことにより女性ホルモンが減少して、肝斑の症状が出始める人もいます。
肝斑を発症するきっかけは人それぞれですが、女性ホルモンの増加が関係していることがわかります。

 

 

閉経を迎えて高齢期に入ると、自然と肝斑が消えていく人が多いのも、ホルモンバランスが関係しています。
60代に入る頃には女性ホルモンが過剰に分泌されることがなくなり、閉経を迎えているのでホルモンバランスも落ち着いています。
そのため、若い頃に肝斑の酷い症状に悩まされた人も、自然と消えてなくなってしまうことが多いのです。
女性ホルモンと肝斑の関係はこちらもご覧ください。

 

とはいえ、肝斑が自然に消えるのを60代になるまで待ってはいられないという人がほとんどでしょう。

 

肝斑が気になる場合には、ホルモンバランスを整える努力をしてみましょう。

 

生活習慣を見直してホルモンバランスが落ち着いている状態に戻すことで、自然と肝斑が消える人は多いです。

 

 

肝斑を作らない生活

 

肝斑は、ホルモンバランスの乱れで発症してしまうことが多いです。

 

妊娠・出産などによるホルモンバランスの乱れは仕方がないことですが、日頃の生活によるストレスが原因でホルモンバランスが乱れてしまうこともあります。

 

肝斑ができてしまう前に、自分の生活を見直してみましょう。

 

日頃の生活で溜まるストレスは、心理的なものと身体的なものの2種類あります。

 

ストレス

 

職場の人間関係で心理的なストレスを感じている人はとても多く、これはどうしようもないことかもしれません。

 

しかし、身体的なストレスは生活習慣を見直すことで改善できます。
例えば、毎日のお風呂をシャワーのみで済ませてしまってはいませんか?
温かいお湯に浸かることは、リラックス効果を得るだけでなく、全身の血行促進にもつながります。
適度な癒しを感じて全身の血流が良くなることで、ホルモンバランスを整えることができます。

 

また、睡眠不足もホルモンバランスを崩してしまう大きな原因となります。
どうしても長時間の睡眠を取れない場合には、できるだけ質の高い睡眠を取るように努力してみましょう。

 

寝る前に食べ過ぎない・スマホなどの画面を見ない・自分に合った寝具を用意する…などのポイントに気を付けることで、深い眠りにつくことができます。