肝斑と日光黒子

肝斑と日光黒子の違い

シミというと、一般的なものは「日光黒子」と呼ばれています。

 

日光黒子にはさまざまな呼び名がありますが、紫外線等の影響で出来る、年齢を追うごとに発症しやすくなる一般的なシミが「日光黒子」でしょう。

 

一方肝斑は、30代から40代の女性に多く女性ホルモンが原因で起こるシミのことをいいます。

 

日光黒子と肝斑には、どんな違いがあるのでしょうか?

 

日光黒子と肝斑は、見た目の特徴だけでは区別がつきにくいといわれています。

 

どちらも薄いシミの一種です。

 

しかし、場所で見分けを付けることができるでしょう。

 

肝斑は頬骨部分や目の周辺に出来易いシミです。
そして最大の特徴は、ほぼ左右対称に出来るという点でしょう。

 

両側に同じ様な形のシミが出来ていると、高確率で肝斑と判断をすることができます。

 

また、日光黒子ははっきりとした輪郭を持っていますが、肝斑は輪郭をもたず、薄い褐色が広がっている形となっています。

 

そのため顔色が悪い、なんとなくぼやっとした形で出来ていると感じるのではないでしょうか?

 

 

発症する時期も違います。

 

日光黒子は早い人であれば20代から発症する場合もあるでしょう。
どんな年代でも出来る可能性があり、もちろん50代60代の高齢の人でも日光黒子はあります。

 

しかし肝斑は30代から40代が主な発症年齢で、60代以降まで肝斑が発症している人はほとんどいないでしょう。

 

60代以降の方は肝斑が薄くなったり消える場合も少なくはありません。

 

年齢によっても日光黒子かシミかの判断はし易いのではないでしょうか。

 

 

シミ治療といえば、レーザー治療が一番効果的です。

 

しかし一般的な肝斑は、レーザーの照射では改善をすることができません。

 

最近は肝斑治療に特化したレーザーもあるといわれていますが、普通のレーザーでは肝斑を改善することができない、というのも日光黒子との違いの一種でしょう。

 

さまざまな違いをしり日光黒子か肝斑かを判断することで、より効果的な解決方法も知ることができるのです。

 

肝斑は高齢者には発症しない

肝斑は30代から40代に特に多いシミです。

 

なぜならこの時期は一番女性ホルモンが不安定な時期だからでしょう。

 

10代ももちろんホルモンバランスが不安定な時期ではありますが、この時期は皮脂コントロールがうまく行かず、ニキビが出来易い時期だといわれています。

 

反対に30代から40代は閉経を控え、ホルモンバランスが不安定になったり肌の乾燥が悪化しやすい時期なのです。

 

そのためシミが出来たり肝斑が発症するのでしょう。

 

肝斑は、60代以降の人はほとんど出来ないといわれています。

 

50代でも発症する人はいますが、ある程度の年齢になると肝斑が薄くなったり完全に消える場合もあります。

 

60代以降になるとホルモンバランスが完全に安定するので、肝斑の心配もなくなるのでしょう。

 

だからといって肝斑をそのままにしておくことはおすすめ出来ません。
いずれ消える可能性はありますが、出来るだけ早いうちにケアをして置いた方が良いでしょう。

 

早い段階でケアをしておけば、改善も難しくはありません。