レーザートーニング

レーザートーニングとは?

レーザートーニング

 

レーザートーニングは肝斑治療に特化したレーザー機器の施術です。

 

もともと肝斑はレーザー治療では改善出来ないといわれていました。
しかしレーザートーニングを使用すれば、肝斑もレーザーで改善をすることができるでしょう。

 

レーザートーニングは、トップハット型照射を使用したレーザーです。
一般的なレーザーはガウシャン型と呼ばれていますが、トップハット型で照射をすることで、幅広く同じパワーで照射をすることができるでしょう。

 

このおかげで、常に最適な照射量でレーザーを照射することができ、シミの中でも特殊な肝斑に効果を与えることができるのです。

 

レーザートーニングは全ての病院で施術を受けることができる訳ではありません。

 

まだ新しい機械なので、レーザートーニングの施術を受けたい場合は機械を導入している病院を探す様にしましょう。

 

また、レーザートーニングの施術を受けたいからといってすぐに照射して貰える訳ではありません。

 

最初はカウンセリングを行い肌状態を確認します。
肌状態によってはレーザートーニングの施術を受けられない可能性もあるので注意をしましょう。

 

次に、クレンジングを行います。
低刺激のクレンジングで顔全体の汚れもメイクも洗い流すのです。

 

クレンジングが終わればレーザートーニングの照射となります。

 

皮膚の厚さに応じて設定を変更しつつ、一番適切な照射量を調節して施術が行われるでしょう。

 

照射時間は10分前後で終わります。

 

施術後は、人によっては顔表面に赤みが生じるかも知れません。
シミが濃い部分は特に赤みが生じやすいでしょう。

 

しかしあくまでほんのりとした赤みであり、施術後のメイクもすぐに行うことができます。

 

ダウン期間や副作用がないのもレーザートーニングの魅力の一つなのです。

 

料金

レーザートーニングの施術料金は病院によって異なります。

 

また、照射部位の広さによっても異なってくるでしょう。

 

ほとんどの病院は顔全体で20,000円から30,000円程で行っているのではないでしょうか。

 

安い病院では10,000円以内で行っているところもあるようです。

 

また、レーザートーニングは一度だけでは十分な肝斑改善に繋がりません。
ほとんどの病院では週一ペースの4,5回程の施術を想定して行われています。

 

そのため、回数割引制度を導入している場合も多いでしょう。

 

もちろん施術回数4,5回は目安であり、肝斑が濃い人は更に回数を重ねなければ改善をすることはできません。

 

そのためレーザートーニング治療の費用は総額10,0000円から20,0000円程掛かるのが主流です。

 

決して安い金額ではありませんが、肝斑をより確実に改善したい方にはおすすめしたい施術でしょう。

 

評判

レーザートーニングはまだまだ新しい肝斑治療方法です。
そのためまだ口コミ評価は少ないでしょう。

 

しかし実際にレーザートーニングの施術を受けた人の体験を読むと、かなりの効果を実感できる施術の様に感じます。

 

一度の照射でも肝斑がかなり薄くなったと感じるようですし、レーザートーニングの照射以外にも内服薬や塗り薬で更に肝斑改善効果を実感することができるでしょう。

 

レーザー照射による若干の痛みは感じるものの、軽いちりちりとした痛みなので我慢できるという方が大半です。

 

施術後の副作用も特になく、気軽に施術を受けることができます。

 

費用が高い点以外は、特にデメリットの感じない施術なのではないでしょうか。

 

肝斑に悩んでいて確実に改善したいという方は、レーザートーニングについて調べてみても良いかも知れませんね。