再発しやすい

肝斑は再発しやすい

かんぱん 再発

 

肝斑で注意したいのが、「再発しやすい」という点でしょう。

 

肝斑は改善も可能です。
日々のスキンケアはもちろん、医療レーザーや薬等を継続することで肝斑を改善になくすこともできるでしょう。

 

しかし、改善したからと言って油断をしていてはいけません。

 

一度治ったからといって安心することはできないのが、肝斑なのです。

 

肝斑はとても再発しやすいといわれています。

 

特に注意したいのが、紫外線でしょう。

 

内服薬や薬、スキンケアで肝斑が改善したとしても、紫外線を浴びたせいでまた同じ部分に肝斑が出来てしまったという人は珍しくはありません。

 

肝斑は女性ホルモンが原因で発症するといわれていますが、紫外線を浴びると更に発生しやすい肌質となってしまうでしょう。

 

顔はもともと紫外線を浴びやすい部分です。
特に紫外線ケアを怠りがちな夕方は、日差し紫外線を顔に浴びがちです。

 

肝斑が治ったからといって油断しないで下さい。
油断してそのままの状態で過ごしていると、また肝斑が再発してしまうかも知れません。

 

一度発症するとなかなか改善をすることができず、再発すると更に酷い状態になる場合もあるでしょう。

 

綺麗で健康的な肌を保つ為にも、肝斑ケアの為にも、日々紫外線対策をして生活をしてみてはいかがでしょうか。

 

30〜40代が最も危険

肝斑の発症や再発が多いのは30〜40代だといわれています。

 

なぜなら肝斑が発症するのは閉経や閉経前が関わっているからです。

 

肝斑の発症は、女性ホルモンが原因だといわれています。
女性ホルモンが不安定な時期は肌等にもさまざまな変化が訪れてくるでしょう。

 

その中の一つに、肝斑があります。

 

閉経を控えた女性はどうしてもホルモンバランスが不安定になりがちなのです。
女性ホルモンと深くかかわりのある生理と近しい関係にあるから当然と言ってよいでしょう。

 

閉経の前準備をするために女性ホルモンが不安定になりがちな30〜40代は、肝斑が出やすい時期なのです。

 

肝斑を作りたくないという人は、30〜40代の時期に特に注意をして生活をして見ては如何でしょうか。

 

ホルモンバランスを安定するよう心掛けて、落ち着いた健康的な毎日を過ごし、紫外線ケアを徹底すれば、出来るだけ肝斑が出来ないように気を付けることができるかも知れません。

 

また、万が一肝斑ができたら、早い段階で改善をすることもおすすめです。
薄い肝斑であればある程、早く改善をすることができるでしょう。

 

予防法

肝斑は女性ホルモンと深くかかわりのあるシミです。

 

そのため女性ホルモンの安定がとても大切でしょう。

 

肝斑が出来易い時期である30〜40代は、どうしても女性ホルモンが不安定な時期です。
この時期に極力ホルモンバランスの安定を維持していれば、肝斑の出来にくい体質を作ることができるのではないでしょうか。

 

出来る範囲のことといえば、健康的な毎日を過ごすことです。

 

ストレスが溜まっていたり、不規則な睡眠時間、疲れ、アンバランスな食生活を行っていると、どんどんホルモンバランスが乱れやすくなってしまうでしょう。

 

健康的で落ち着いた毎日を過ごすだけでも十分肝斑予防に繋がります。

 

肝斑を作らない為にも、健康的な毎日を過ごしてみてはいかがでしょか。

 

また、紫外線予防も欠かせません。

 

ほとんどのシミの原因は、紫外線です。

 

肝斑はあくまで女性ホルモンが原因で出来るシミではありますが、肝斑は紫外線が影響して悪化する場合もあるのです。

 

そのため、日常的な紫外線ケアも重要となってくるでしょう。

 

特に顔の紫外線対策を心掛けて下さい。

 

帽子、日傘、サングラス等の物理的なケアはもちろん、日焼け止め等のケアも重要です。

 

紫外線は、窓やカーテンからも入り込む場合があります。
もし完全に紫外線をシャットダウンしたいのであれば、日中室内にいるときでも日焼け止めを塗った方が良いでしょう。

 

また、肝斑は一度治ったからといって油断をしていてはいけません。

 

肝斑が改善したからと言って不規則な生活をしていたり紫外線ケアを怠ると、また肝斑が発症してしまうかも知れないのです。

 

綺麗な肌を守るためにも、徹底したケアを心がけるようにしましょう。

 

規則正しい生活を送ることで肝斑改善、肝斑予防だけではなく、体全体の健康維持にも繋がります。

 

健康的な体を作るためにも、健康的な生活習慣は維持し続けるようにしてみてはいかがでしょうか?