紫外線に原因がある場合

肝斑の原因が肝臓にある場合

肝斑の主な原因は女性ホルモンです。

 

ほとんどの方が、「妊娠」「ピルの服用」「高齢期や高齢期前のホルモンバランスの乱れ」などによって肝斑が出来るといわれています。

 

シミの原因は紫外線が多いといわれていますが、肝斑にいたっては違うのです。

 

だからといって、紫外線による影響を全く気にしなくても良いという訳ではありません。

 

紫外線を浴びると、通常のシミが出来易い状態になってしまいます。
シミ以外にも、肌が乾燥したりバリア機能が低下したりと紫外線を浴びて良い事はないでしょう。

 

また、肝斑も表皮部分にあるメラノサイトという細胞が原因で出来るといわれています。

 

肝斑は女性ホルモンが、とはいわれていますがメラノサイトが増殖すると肝斑も出来易い状態になってしまう可能性があるのです。

 

そのため、紫外線対策を普段からしなくてはいけません。

 

 

肝斑は、肝臓の肝という文字が使われているので肝臓が原因と思われがちです。

 

しかし、肝臓は全く関係なく、ホルモンバランスと紫外線、そしてストレスに気を付けて生活をすれば肝斑が出来にくい肌質にすることもできるでしょう。

 

対処法

肝斑をはじめ、さまざまなシミが出来る原因となっています。
肝斑が顔に出来易いのも、紫外線を浴びやすい部分が顔だからでしょう。

 

そのため、紫外線対策を行えば肝斑を悪化させずに過ごすことができます。

 

ではどうすればよいのでしょうか。

 

紫外線対策は決して難しくはありません。

 

まずは毎日欠かさずに紫外線対策を行うようにして下さい。

 

紫外線対策は夏にしか行わないという人も多いでしょう。
確かに日の強いときは紫外線を浴びやすいという印象が強いですよね。

 

しかし紫外線は曇りの日も冬場でも放出されています。
そのためきちんと紫外線対策を行うには季節問わず、行う必要があります。

 

夜遅く等、太陽が出ていない時間帯であれば紫外線対策の必要はありませんが、肌のことを考えるのであれば一年中紫外線対策を行いましょう。

 

一番簡単な紫外線対策と言えば、日焼け止めです。

 

日焼け止めを塗ることで紫外線を浴びても皮膚に影響を与えることはないでしょう。

 

しかし、朝に塗るだけで満足していませんか?

 

日焼け止めの効果は数時間程度で切れてしまいます。
そのため、定期的に塗り直す必要があるのです。

 

最近は、パウダータイプやスプレータイプなど、塗り直しやすい日焼け止めも多く販売されています。
簡単にでも良いので、定期的に日焼け止めを塗り直す習慣をつけてみてはいかがでしょか。

 

日焼け止めが面倒、べたつくのが苦手という人は、日傘やUVカットの衣類でも良いでしょう。

 

日傘はとても簡単に紫外線をカットすることができます。
最近は熱中症対策の為に男性用の日傘も増えて来ましたね。

 

日傘は持ち歩くのが面倒だと感じる場合もありますが、健康の為にも、紫外線対策の為にも、持ち歩くことをおすすめします。

 

UVカットの衣類は、Tシャツやパーカー、カーディガンなどさまざまなアイテムが増えていますね。

 

通常の衣類でも9割以上の紫外線カット率はあります。
しかしUVカットの衣類を着ることでほとんどの紫外線をカットすることができるのです。

 

もちろん帽子等を着用すれば、顔の紫外線もカットが可能です。

 

日傘を持ち歩くのが面倒だという人は、UVカット素材の衣類を使って見ては如何でしょうか。